とある中年オヤジの独り言 誰もが胡散臭くて信用できない 『梟の城』  読み応えがあっておもしろいっす!
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 
2008-09-21

誰もが胡散臭くて信用できない 『梟の城』  読み応えがあっておもしろいっす!

梟の城 (新潮文庫)梟の城 (新潮文庫)
(1965/03)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


中井貴一主演で映画化された「梟の城」の原作。

司馬遼太郎の長編時代小説なのだが、とても読みごたえがあって
小説にどんどん引き込まれていく魅力がある V(^-^)V

戦国時代末期に近い頃の伊賀忍者が主人公で、
それを取り巻くいろいろな立場の人間も登場するのだが、

とにかく みんながみんな胡散臭くて、信用できない
というのが読み始めてまずは感じること。


主人公の伊賀忍者「葛籠重蔵」は、織田信長の伊賀攻めで、
身内を失い信長への復習に燃える。

ところが、信長が本能寺の変で明智光秀に滅ぼされ目標を失う。

そんな重蔵のもとに、 豊臣秀吉暗殺 の話がもちかけられ、
重蔵はそれを目標に生きることを決意する。

そんな折 不思議な女性「小萩」が重蔵の前に現れるが、
敵か味方かもわからぬ得たいの知れない小萩に重蔵は徐々に惹かれていく・・・

この「小萩」や伊賀から抜け出し伊賀を捨てることを決意した忍者の「風間五平」、
五平と重蔵に想いを寄せる伊賀忍者の娘「木さる」、
当時の京都所司代の「前田玄以」、堺の豪商「今井宗久」などが
絡み合いながら物語りは進んでいく。


人間本来の感情を究極に押し殺して生きる・・・

当時の忍者達の精神的な構造がよくわかる作品です。

そんな忍者達が異性に惹かれる感情にとまどいつつも、
忍者としての生き方にこだわり、
己の心に従って生きていく。

そしてこの本の題名が何故「梟の城」なのかも、
読み進めていくうちに解き明かされる。

長編ではあるが、非常に内容が濃くて、
最後まで気が抜けない展開でハラハラさせられて、
「この後は・・・この後は・・・」と読み進めてしまうのです。


そして ラストには 大きな仕掛け が待っています!



時代物が好きな方や、伊賀忍者に興味のある方、
じっくり深みのある小説にチャレンジしたい方にオススメです (^O^)


映画化された作品の評価はあまり高くないようなので、
原作をじっくり読むことをオススメします。

(この原作の深さを、2~3時間の映画で表現しきるのは、 かなり難があると思うので
 映画の評価が低いことも仕方なしかな・・・)

スポンサーサイト
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 

theme : オススメ本!!
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんわ^^

あしともの受理、ありがとうございました^^
時代物は私もすごく好きです。
何時代、と言うわけではなく、織田信長・西郷隆盛。。。かなり時代を外れて卑弥呼やヤマトタケルノミコトなど、歴史上の人物に大変興味があります。

中でも織田信長は数々の小説やコミックで【魔王】などと呼ばれている事の真相を知りたいですねw
↑少し考え方が幼稚かもしれませんが^^;
何か特殊なカリスマ性があったと思ったほうが楽しいかなと。

また遊びに来ます^^
注目!最近の記事など
ランキングに参加中です!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン






カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絶対 必登録です!
ブログパーツ


最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

とある中年オヤジ

Author:とある中年オヤジ
FC2ブログへようこそ!
とある中年オヤジが
行った店の感想や
日々の雑感を
ボチボチ掲載してます!

ブログ内検索
リンク
プレスブログ など
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

QRコード
QR
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:開運の扉

■ ブログ名:店長の心理作戦(o ̄∀ ̄)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いろいろな
広告!

☆ アイモバイル ☆



☆もしもアフィリエイト☆






こちらも要チェック!
お得情報満載!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。