とある中年オヤジの独り言 <パート3 鬼怒川ライン下り> まさに30年ぶりの「修学旅行」~日光・鬼怒川
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 
2009-05-21

<パート3 鬼怒川ライン下り> まさに30年ぶりの「修学旅行」~日光・鬼怒川

「久しぶりに日光に行ってみるか?」と思ってから
東武鉄道の特急スペーシアのCMなどを目にして
まさに 《30年ぶりの修学旅行》 かな~なんて思いました。


今回はその<パート3> 鬼怒川で宿泊した宿「七重八重」と
鬼怒川ライン下りの様子です。


鬼怒川というと比較的大規模なホテルなどが駅前に林立していますが、
今回もできるだけ ゆったりのんびり をテーマにしていたので
比較的こじんまりしたこの宿「七重八重」を選びました。


鬼怒川温泉 七重八重入口


この宿「七重八重」は鬼怒川に面して建っていて
川側の部屋では、鬼怒川の川の流れが聞こえ、鬼怒川を見下ろした景色も楽しめます。


鬼怒川温泉 七重八重 部屋からの鬼怒川


また、宿の向かいの川岸には宿やホテルが建っていないので
自然を充分に楽しめることも特徴なようです。


宿の人によると 秋の紅葉シーズンには さらに鬼怒川周辺の紅葉が楽しめるため
今回の川側とは反対の山側の部屋の方が人気なのだそうです。


宿全体が非常に静かで 落ち着きがあり
鬼怒川の流れを楽しみながらの露天風呂もグー!

若いスタッフが比較的多く目に付きましたが
どのスタッフも非常に気遣いができていて 料理も満足できましたし
今回の宿の選択は かなりいいものだったと思っています。



さて次の日は とても楽しみにしていた 「鬼怒川ライン下り」


鬼怒川温泉駅から歩いて4分ほど、
今回宿泊した「七重八重」からも歩いて5分ほどの
乗船場 鬼怒川港からの出発です。


今回のライン下りで乗った船は こんな感じの船ですが
朝早いにも関わらず 三隻にほぼ満員のお客さんでした。

ライン下り この船で


乗客が全員乗船していよいよ出航!


ライン下り いよいよスタート


船の前には地元の若い船頭さんが陣取り
船の後ろには ベテランと思える船頭さんが陣取って
舵は主に後ろの船頭さんがとり、前の若い船頭さんは
冗談を交えながら いろいろと解説をしてくれました。


ふと後ろを振り返ると、残りの二隻はこんな感じに見えました。


ライン下り ふと振り返ると


この鬼怒川ライン下りでは、川沿いにある奇石怪石が特徴ですが
まず最初の名勝は 「盾岩」 と呼ばれる壮大な岩。

高さ100mもの天を衝くような岩の壮大な様は
このライン下りの最大の見もので 迫力も満点!


ライン下り 盾岩


続いての見ものは 「象」が長い鼻を伸ばして
水を飲もうとしているようにも見える 「象岩」


ライン下り 象岩


ちょっと写真ではかすんじゃいましたが、
まるでゴリラの顔のように見える 「ゴリラ岩」
などが次々に目の前に登場です!


ライン下り ゴリラ岩


急な流れや緩やかな流れを経ながら 軽快な船頭さんのジョークによって
和やか かつ にこやかな雰囲気を楽しみつつ 大自然の中を
船は下っていきます。


ライン下り 途中の様子


途中の急流では 水しぶきがあがるため 水よけのビニールシートを
みんなが手に持って水がかかるのを防ぐような場面もあり
大自然を満喫しつつ スリルも味わえる船旅です。


下の写真の中央やや右手に見えるのが 「積木岩」
この岩の横を船が通るときにはそ~っと通らないと
組み立てた岩が崩れるなんてジョークも笑いを誘います。


ライン下り 積木岩


周囲の景色の素晴らしさや 美しい水の流れなどに気をとられていると
途中の急流で 「あっ 行っちまった・・・」 と初めて後ろの船頭さんの声がして・・・
二艘目の船が流れに乗ってしまい かなり岩に接近し
緊張が走るようなシーンもありましたが
あっという間にライン下りの40分ほどの時間は過ぎていってしまいます。



下船場近くの岸辺には ちょっとこの景観には似合わないクレーンがあって、
実はこの下ってきた船は クレーンで吊り上げられて トラックに乗せられて
また乗船場に戻されるのだそうです。。。


ライン下り クレーン


そして 三隻とも無事に下船場の「大瀞港(オオトロコウ)」に到着です。


ライン下り 三隻無事到着


本当に素晴らしい景観と楽しい時間に
きっと 「また乗りたいな~」 と思うこと間違いないほど面白い船旅です。


詳細は コチラ もご参照くださいね!



今回は<パート3>として 鬼怒川の宿・鬼怒川ライン下りについて記事にしましたが、
まだ今回の30年ぶりの修学旅行は続きます。


次回<パート4>では 鬼怒川温泉から奥へと向かって 
龍王峡 などの様子をご紹介したいと思います。




静寂とまごころの宿 七重八重
静寂とまごころの宿 七重八重 渓流沿いの趣ある和のお宿で創意工夫料理と露天を満喫




↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




スポンサーサイト
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 

theme : 栃木県
genre : 地域情報

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

鬼怒川ライン下り、気持よさそうですね。

象岩・ゴリラ岩、確かにそう見えます!

お天気に恵まれて良かったですね。
注目!最近の記事など
ランキングに参加中です!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン






カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

絶対 必登録です!
ブログパーツ


最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

とある中年オヤジ

Author:とある中年オヤジ
FC2ブログへようこそ!
とある中年オヤジが
行った店の感想や
日々の雑感を
ボチボチ掲載してます!

ブログ内検索
リンク
プレスブログ など
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

QRコード
QR
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:開運の扉

■ ブログ名:店長の心理作戦(o ̄∀ ̄)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いろいろな
広告!

☆ アイモバイル ☆



☆もしもアフィリエイト☆






こちらも要チェック!
お得情報満載!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。