とある中年オヤジの独り言 <その1> 「伊藤博文」「篤姫」なども登楼の宿で「和宮」終焉の地 箱根の歴史生きづく宿<環翠楼>で時代を感じる!
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 
2010-08-21

<その1> 「伊藤博文」「篤姫」なども登楼の宿で「和宮」終焉の地 箱根の歴史生きづく宿<環翠楼>で時代を感じる!

2009年のはじめに宿泊してきて

とても感銘を受けた「箱根 富士屋ホテル」に続いて

今回は「歴史生きづく宿 環翠楼」 へ行ってきました!


以前に宿泊してとても気に入った 会津の「向瀧」にも匹敵する木造4階建ての和風旅館で
明治の元勲伊藤博文や西園寺公望など政界の大物や
島崎藤村などの文人も多く訪れています・・・


今回訪れてみようと思ったきっかけの一つが
その会津の「向瀧 」なんですが 外観の雰囲気がなんとなく似ている
双方とも非常に歴史のある宿です。


しかも以前の大河ドラマ「篤姫」でも登場した「和宮」様が
最期はここ「環翠楼」で亡くなられたという ちょっとしたご縁のある宿なんです。


環翠楼全景

サイトで見かけた画像 ↓ では
各部屋に明かりをともして写していますが
昼間でも なかなか趣のある全景です。。。

歴史生きづく宿 環翠楼


この建物は明治17年に建てられ その後大正8年に増改築されたもので
関東大震災の時にも大きな被害もなかった堅固な建物。。。


大黒柱を使用せずに 小柱・梁・筋かいなどが組み合わせられた
「総もたせ」という建築方法で 館内は独特な造りになっています。



まず玄関前にさりげなく掛けられていたのが下の「表札」

環翠楼玄関看板

慶長19年に開湯した当事に「元湯」と言われていたなごりが感じられる表札で、
「元湯鈴木」の名を経て、伊藤博文から楼主に与えられた詩がもとで
以後「環翠楼」と呼ばれるようになったそうです。

現在の玄関の中では 立派な「環翠楼」の額が
正面に飾られていました。


環翠楼玄関 横看板


さらに玄関には、<ニッポンビール>と書かれた大きな柱時計や
現役でも使われているという 「巨大な金庫」もありました~


環翠楼 玄関柱時計


館内はちょっと薄暗い感じでしたが、
使い込まれてきた年月の歴史が感じられました。


環翠楼 階段


部屋に向かう廊下に大きな鏡が貼られていて、
鏡には 右から「キリンビール」の文字が 大きく入っていました。


環翠楼 廊下ガラス


「歴史の生きづく宿」の特徴は まだまだありますが
旅館の方に案内してもらった 大広間などの様子は
また次回に記事にします。



歴史生きづく宿 環翠楼
緑の木々に囲まれた高殿の意味の「環翠楼」
 


向瀧
会津に行ったならココがオススメ 「向瀧」
 


箱根の歴史あるホテル  富士屋ホテル宿泊の際の記事は コチラ


スポンサーサイト
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ 人気ブログランキングへ 

theme : 温泉
genre : 旅行

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは^^

明治17年に建てられたんですか。
凄い歴史のある旅館なんですね~!

さすが、趣のある建物ですね。

箱根は歴史のある建物が、
たくさんあるんでしょうね。

次回も、楽しみにしています。


注目!最近の記事など
ランキングに参加中です!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン






カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

絶対 必登録です!
ブログパーツ


最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

とある中年オヤジ

Author:とある中年オヤジ
FC2ブログへようこそ!
とある中年オヤジが
行った店の感想や
日々の雑感を
ボチボチ掲載してます!

ブログ内検索
リンク
プレスブログ など
[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

QRコード
QR
RSSフィード
ブロとも一覧

■ ブログ名:開運の扉

■ ブログ名:店長の心理作戦(o ̄∀ ̄)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いろいろな
広告!

☆ アイモバイル ☆



☆もしもアフィリエイト☆






こちらも要チェック!
お得情報満載!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。